/

三好徹氏が死去 直木賞作家

三好 徹氏(みよし・とおる、本名=河上雄三=かわかみ・ゆうぞう、作家)4月3日、誤嚥性肺炎のため死去、90歳。

読売新聞記者として勤務する傍ら執筆活動を始め、家庭裁判所調査官が主人公の「聖少女」で直木賞を受賞した。地方支局の警察担当記者を描く「天使シリーズ」をはじめ、記者経験を生かした作品で人気を博した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン