/

熊本城の天守閣復旧 5年ぶり一般公開へ

5年ぶりに内部を一般公開する熊本城天守閣(6日午前、熊本市)=共同

2016年4月の熊本地震で被災した熊本城(熊本市)の天守閣が修復工事を終え、6日に内部が報道陣に公開された。被災から5年ぶりとなる天守閣内部の一般公開は、26日に始める。

大小の天守内には、新たにダンパーなどの耐震設備やエレベーターを導入した。城の構造や歴史を伝える映像展示では、熊本県出身の俳優、高良健吾さんがナレーターを担当。江戸時代の熊本城と城下町を再現した大型模型なども展示される。

天守閣は1877年に焼失後、1960年に再建された。熊本城は地震で多数の石垣や建物が損壊し、完全復旧は2037年ごろを見込んでいる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン