/

この記事は会員限定です

10代のワクチン接種率5% 自治体、受験控え対応急ぐ

(更新) [有料会員限定]

自治体が新型コロナウイルスワクチンの10代への接種を急いでいる。12~19歳のうち2回の接種を終えたのは5.6%にとどまる。受験を控える児童生徒の間では接種を望む声が上がる。学校再開に伴い、子どもを介して親世代に感染が広がる懸念もある。希望する生徒らが円滑に接種を受けられる環境づくりが求められている。

厚生労働省によると、15日までの全国の1週間の新規陽性者で10歳未満は全体の9.8%でこれまでで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン