/

この記事は会員限定です

五輪・パラ、赤字は不可避 都などが補填巡り協議へ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピックの全日程が終了し、今後の焦点は大会収支の確定に移る。多くの会場が無観客となり、900億円を見込んだチケット収入はほぼ消失した。赤字は避けられず、大会組織委員会と東京都、国が補塡を巡って12月にかけて協議する見通しだ。

「今後、歳入歳出両面で精査をしていく。現時点で規模感を申し上げるのは難しい」。組織委の武藤敏郎事務総長は6日の記者会見で、チケットの収入減などで生じる赤字額を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン