/

この記事は会員限定です

知床事故、国の監査・検査甘く 運航会社の安全管理に穴

(更新) [有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故は、運航の安全性を保つための国のチェック体制の課題も浮き彫りにした。事故を起こした観光船運航会社は安全管理の不備が次々に判明し、監査や船体検査の実効性が問われている。事故発生から7日で2週間。再発防止策の構築も急務だ。

「国のチェックが不十分だった面は否めないのではないか」。今回の事故を受け、知床半島沖で観光船を運航する業者の間ではこうした指摘が上がる。

海上運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン