/

牛丼店店員に暴行容疑 巡査部長を逮捕、警視庁

警視庁は6日までに、東京都江東区の飲食店前で店員の50代男性を投げ飛ばして蹴ったなどとして、西新井署刑事組織犯罪対策課の巡査部長、瀬月内恵太容疑者(42)=東京都江戸川区=を暴行容疑で現行犯逮捕した。警視庁によると「覚えていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は5日午後9時40分ごろ、男性店員を路上に投げ飛ばし、左脇腹を蹴るなどの暴行を加えた疑い。

同庁によると、瀬月内容疑者は当直勤務明けの5日午後1時ごろから自宅で酒を飲んでいた。午後9時半ごろ、新型コロナウイルスの影響でテークアウト営業のみの時間帯だった牛丼チェーン店に入店後、券売機を蹴って外に出たため、男性店員に注意された。逮捕当時、酩酊(めいてい)状態だったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン