/

五輪パラ閉会で橋本会長会見「スポーツが果たす力みた」

(更新)
記者会見する組織委の橋本聖子会長。右は武藤敏郎事務総長(6日午前、東京都江東区)=共同

東京五輪・パラリンピックの閉幕を受けて、大会組織委員会の橋本聖子会長と武藤敏郎事務総長が6日、記者会見した。

橋本会長は「ようやくこの夏、世界中のアスリートが集うひとつの舞台をつくることができた」と振り返り、「そこで毎日みた光景は人々の絆であり、多様性の中の調和であり、平和の象徴であり、スポーツが果たせる力そのものだった」と述べた。

札幌市が2030年冬季五輪招致を目指していることについて、橋本会長は「(大会運営の経験を)レガシー(遺産)として引き継いで、提言するのは非常に重要だ」と言及。開催地となった場合には「組織委の会長(就任)という依頼があったらぜひ受けたい。(満員の)フルスタジアムで子どもたちの笑顔があふれる大会を目指したい」と意欲を見せた。

今大会の運営を取り仕切ってきた武藤事務総長は「新型コロナウイルス対策が最大の課題だった。(計画立案には)多くの時間と労力を費やした。感染が広がらない体制がとられていたと専門家から評価された」と指摘。「変化する天候への対応など課題はあったが、一つ一つ丁寧に乗り越え大きな問題なく対応できた」と話した。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン