/

園児事故3年前に園長ら献花 大津の交差点、16人死傷

大津市の交差点で2019年5月、車2台が衝突し、保育園児ら16人が巻き込まれて死傷した事故の発生から8日で3年を迎えるのを前に、園長や大津署長らは6日、現場近くで献花し、黙とうをささげた。

この日は、滋賀県警の警察官や県職員ら約50人が、周辺の保育園と幼稚園の園児らが散歩ルートとしてよく利用する市内5カ所の交差点に立ち、「子ども守ろう!」と記されたプレートを手に車や自転車に注意喚起した。

大津署の時田保徳署長は「決して風化させてはならない。小さな命を守る取り組みが大津から全国へと広がってほしい」と話した。

事故は午前10時15分ごろ発生。交差点を右折した乗用車が直進の軽乗用車と衝突し、その弾みで軽乗用車が歩道にいた散歩中の園児らの列に突っ込んだ。園児2人が死亡、園児と保育士計14人が重軽傷を負った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン