/

実験、将来の探査に貢献 星出さんが帰還控え会見

【ワシントン=共同】国際宇宙ステーションに滞在している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦飛行士(52)ら4人が5日、地球への帰還前最後の記者会見を開いた。星出さんはこれまで実施した数々の科学実験に触れ「将来、月や火星の探査に行くのに役立つだろう」と展望した。

米航空宇宙局(NASA)は、星出さんらが7日午後(日本時間8日未明)にもクルードラゴン2号機でステーションを出発すると発表した。約18時間後に南部フロリダ州沖に着水する見込み。

星出さんは、重力がごく小さく、放射線の飛び交う宇宙の環境が人体に与える影響に関する研究や、新しい二酸化炭素除去装置、トイレなどの設備の使用データは「地上の生活だけでなく、遠い宇宙に出かけていく際に役立つものだ」と説明。

滞在中はステーションの姿勢制御トラブルなど予想外の事態も経験したが「古い宇宙船ではよくあること。仲間の飛行士や地上の管制チームとの素晴らしいチームワークで対処できた」と笑顔で振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン