/

青森で震度5強 震源は岩手県沖、M5.9

(更新)

6日午前2時46分ごろ、青森県で最大震度5強を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は岩手県沖で、震源の深さは56キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.9と推定される。この地震による津波の心配はない。青森県と岩手県の計3人がけがをした。青森地方気象台によると、青森県内で震度5強以上を観測したのは2015年2月以来。

岩手県岩手町の80代女性は、落下したテレビで頭を打ち軽傷を負った。地元消防によると青森県東北町の70代女性は、就寝中に地震に気付きベッドから起き上がろうとした際に転落して打撲。同県八戸市の60代女性は揺れの中、タンスを押さえて肩をけがした。

政府は首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。気象庁は、今後1週間ほどは最大震度5強程度の地震に注意を呼び掛けた。特に発生から2~3日程度は規模の大きな地震が起こることが多いとしている。

JR東日本の東北、上越、北陸の各新幹線は始発から平常通り運転。東北電力によると、青森県の東通原発と宮城県の女川原発に異常は確認されていない。日本原燃によると、青森県六ケ所村の核燃料サイクル施設も異常は確認されていない。

青森では午前7時33分ごろにも、震度2の地震があった。

午前2時46分ごろの地震で各地の震度は次の通り。

震度5強=階上町(青森)▽震度5弱=八戸市内丸、八戸市南郷、南部町苫米地(青森)盛岡市渋民(岩手)▽震度4=三沢市、六戸町、東北町役場、おいらせ町中下田、三戸町、五戸町(青森)盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、二戸市、八幡平市大更、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、矢巾、山田町八幡、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、一戸町(岩手)など

この地震で、総務省消防庁の全国瞬時警報システム(Jアラート)は青森県と岩手県を対象に、予想最大震度5弱の緊急地震速報を出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン