/

九州・山口に線状降水帯の可能性 気象庁が初の予測

(更新)

気象庁は15日、同日夜から16日午前中にかけて九州北部(山口県を含む)と九州南部に局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生する可能性が高まっていると発表した。線状降水帯の予測情報が出されるのは運用を始めた6月以降、初めて。集中豪雨により土砂災害や河川の氾濫が起きる恐れがあり、自治体の発表する避難情報などに注意が必要だ。

前線に向かって暖かく湿った空気が入り込むとともに、本州付近の上空には寒気が流れ込み、西日本から北日本では16日にかけて大気の状態が不安定になる見通し。

16日正午までに予想される24時間雨量は多い所で、九州南部と九州北部で250ミリ、東北で120ミリ、四国と関東甲信で100ミリとなっている。

線状降水帯の発生が見込まれる詳細な市町村は現在の技術では推定できないが、すでに降雨が続いている地域や、土砂崩れや河川の氾濫の恐れがあるエリアにいる人は避難所を確認するなど、災害への警戒を高める必要がある。高齢者や妊婦など避難に時間のかかる人は周囲の状況に注意し、早めの退避も検討すべきだ。

線状降水帯は、長さ50~300キロメートル、幅20~50キロメートルほどになる帯状の雨域。暖かく湿った空気の流入が続いて積乱雲が列をなすように発生することで形成され、数時間にわたって同じ場所に激しい雨を降らせる。

7~9月の夏場にかけて多発する。2018年の西日本豪雨や、球磨川(熊本県)が氾濫した20年の九州豪雨など、線状降水帯によるとみられる災害は毎年のように相次いでいる。地球温暖化による気温や海水温の上昇が背景にあるとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン