台風4号は温帯低気圧に 全国で大雨恐れ、災害に警戒 - 日本経済新聞
/

台風4号は温帯低気圧に 全国で大雨恐れ、災害に警戒

(更新)

台風4号は5日午前、長崎県佐世保市付近に上陸し、九州で温帯低気圧に変わった。西日本を中心に非常に激しい雨が降り、高知県では線状降水帯が発生、50棟以上が浸水した。低気圧は6日にかけて西日本から東日本の太平洋側を進み、周辺の各地で大雨の恐れがある。土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要だ。

台風上陸と線状降水帯の発生は今年初めて。気象庁は6月から線状降水帯の半日前予報に取り組んでいるが、予想できなかった。早明浦ダム(高知県)の貯水率はやや改善したが、水不足の懸念が続いている。

気象庁によると、列島は低気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定になっている。6日午後6時までの24時間予想雨量は多い場所で、関東甲信180ミリ、東海150ミリ、近畿100ミリ。落雷や竜巻などの激しい突風が起きる可能性もある。

5日は高知県須崎市で1時間に85.0ミリを観測。四万十町などで計50棟以上が床上、床下浸水した。中土佐町では国道沿いののり面が崩れて通行止めとなった。早明浦ダムは2日午前9時現在の貯水率が30.4%で、5日午前10時には41.6%になったが、87.7%の平年値を下回る状態が続いている。

九州では福岡県大牟田市で85.0ミリを観測した。大牟田市や熊本県荒尾市では道路が冠水し通行止めとなった。JR九州は特急の一部を運休。在来線で遅れが出た。近畿では和歌山県・潮岬で46.5ミリ降った。串本町では県道ののり面が崩れた。

5日午後は北日本でも局地的に大雨となり、青森県大鰐町で51.5ミリ、岩手県八幡平市で48.0ミリを観測した。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません