/

この記事は会員限定です

妥協せずドラマに新風 橋田寿賀子さん死去

(更新) [有料会員限定]

「私は二流」という言葉を、橋田寿賀子さんの口から何度聞いたろうか。「私が書けるのはセリフだけ。皆さんに褒めてもらえるような文学作品じゃないもの」と続いた。

それが謙遜ではなく本心だとしても、橋田さんの脚本が、日本のドラマの世界に骨格も鮮やかな独自の風景を持ち込んだことは間違いない。

その一つが問題提起を含む「辛口ホームドラマ」だ。スタートラインである「となりの芝生」で崩壊する家庭と嫁しゅうとめの確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン