/

この記事は会員限定です

日本語教員が不足 外国人生徒「受験乗り切れるか不安」

(更新) [有料会員限定]

外国人の児童生徒らに日本語を教える教員の配置状況を巡り、自治体間に大きな差があることが明らかになった。教員が不足する地域の学校に通う子どもが置かれた環境は厳しく「受験を乗り切れるか不安」など切実な声が上がっている。

「日本語がわからず授業ではほぼ何も理解できない。高校受験を乗り切れるか不安」。千葉県船橋市立中学校3年の男子生徒が携帯翻訳機に向かって中国語で話すと、画面に日本語の表示が浮かんだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン