/

この記事は会員限定です

消えた笑い声 コロナ禍、居場所失う子どもたち

コロナ2年目の夏(3)

(更新) [有料会員限定]

「いつ再開できるのか」。8月上旬、子どもたちの笑い声が消えた部屋の前で、山田和夫はつぶやいた。

8年前、東京都豊島区の自宅を開放し、無料で食事や遊び部屋を提供する「要町あさやけ子ども食堂」を開いた。多い日は100人の子どもや保護者が食卓を囲んだが、新型コロナウイルスの影響で昨春中止に追い込まれた。月2回、食料の配給を行うが「もらって帰るだけでは子どもの様子が分からない」。貧困や家庭内不和などの問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン