/

この記事は会員限定です

時代の転換点、災禍越え映す 五輪公式映画の河瀬直美氏

点描 1964→2021

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

23日夜、聖火が再び国立競技場にともる。1964年の東京五輪は戦後復興を果たした日本を世界に発信、その記録が1本の映画に収められた。57年ぶりに首都が迎える祭典は、新型コロナウイルスの猛威に見舞われたなかで幕を開ける。延期、無観客、根強い反対論――。いかに人と社会は災禍と逆風を乗り越えるのか。国際的な評価を重ねてきた映画監督が時代の転換点を映し出す。

「パンデミックという時代の人々はどんな選択をし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン