/

この記事は会員限定です

熱中症、三大都市「ドーナツ化」 交通の便も影響か

[有料会員限定]

日本の三大都市で熱中症による救急搬送者数のデータを日本経済新聞が分析したところ、中心区より周辺区の方が多い傾向が明らかになった。東京23区は最少の千代田区と最多の足立区で6倍の開きがあるなど、熱中症のリスクは「ドーナツ地帯」が高い。周辺区は高齢者の割合が高く住居内で熱中症にかかるケースが多いほか、交通の便が悪いため外出時に暑さを避けることが難しいなどの環境面が影響しているとみられる。

東京23区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン