/

この記事は会員限定です

ジョニーウォーカー 山田昭典

[有料会員限定]

名古屋市の老舗和菓子店、両口屋是清で取締役を務める天埜良彦君は大学時代からの友人だ。一橋大学法学部3年生の時、同じ刑法ゼミに所属した。お互い大学の近くに住んでいたこともあり、彼のアパートでよく酒を飲んだ。天埜君はほんわかとした雰囲気で、誰とでも仲良くなれる包容力があった。アパートにはいつも級友たちが集まっていた。

天埜君は愛知県の酒蔵の息子で、お酒を置いていた。自慢の実家の日本酒のほか、印象的だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません