/

安倍前首相は「不起訴不当」 桜を見る会、再捜査へ

(更新)

安倍晋三前首相側が主催した「桜を見る会」前夜祭を巡る問題で、政治資金規正法違反や公職選挙法違反の容疑で告発された安倍晋三前首相を嫌疑不十分で不起訴とした東京地検特捜部の処分について、東京第1検察審査会は30日までに、一部の不起訴の判断について「不起訴不当」と議決した。

議決を受け、東京地検は再捜査する。「起訴相当」の議決ではないため、地検が再び不起訴とした場合でも、強制起訴の可能性がある2度目の審査は行われない。

検察審査会に対して複数の申し立てが出ていた。不起訴が妥当だとする「不起訴相当」との議決があった一方、一部が不起訴不当とされた。議決は15日付。

不起訴不当となったのは、前夜祭で安倍氏側が負担した支出が有権者への違法な寄付に当たるとする公選法違反と、資金管理団体「晋和会」の会計責任者についての選任や監督を怠った規正法違反の2つの容疑。

安倍氏は30日、国会内で記者団に「当局の対応を静かに見守りたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン