/

ソフト後藤選手のメダル 名古屋市長がかじる

(更新)

東京五輪ソフトボール日本代表で名古屋市出身の後藤希友選手(20)=トヨタ自動車=が4日、同市役所で金メダル獲得を河村たかし市長に報告した際、河村氏がマスクを外してメダルをかむパフォーマンスをしたことが、SNS(交流サイト)で波紋を広げている。

後藤にメダルを首に掛けてもらった河村氏は、手に取り「重たいな」とつぶやくと、マスクを外してメダルをかんだ。事前に後藤選手に了解を求めず、突然のパフォーマンスだった。

ツイッターでは「新型コロナウイルス感染拡大下で意識が低い」「無神経」などと河村氏への批判が相次いだ。

これを受け河村氏は同日夜「(メダルをかむ行為は)最大の愛情表現だった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出した。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン