/

二十数社に課徴金計14億円 ねんきん定期便談合で通知

(更新)

日本年金機構が発注した「ねんきん定期便」などの作成業務の談合問題で、公正取引委員会は4日、トッパン・フォームズ共同印刷など二十数社に排除措置命令や課徴金納付命令の処分案を通知した。関係者への取材で分かった。課徴金の総額は約14億円。

関係者によると、ねんきん定期便や年金の振込通知書などの作成、発送に関する一般競争入札で、受注業者や受注量を事前に決めていた疑いがある。

公取委は2019年10月、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査し実態解明を進めていた。各社からの意見聴取などを経て処分内容を決定する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン