/

終戦76年、不戦の誓い永遠に コロナ下で戦没者追悼式

(更新)

戦後76年となる「終戦の日」の15日、政府は全国戦没者追悼式を日本武道館(東京・千代田)で開いた。天皇、皇后両陛下や菅義偉首相ら三権の長、戦没者遺族など約200人が参列。約310万人の戦没者を悼み、平和と不戦の誓いを新たにした。天皇陛下はお言葉の中で、例年と同様に過去への「深い反省」に言及された。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下での開催となり、コロナ禍前は例年6千人規模だった参列者数は今回、185人となった。うち参列遺族は53人。政府は都以外の自治体からの参列遺族数を1人程度とし、22府県は出席を辞退したため、過去最小規模となった。

全国戦没者追悼式で黙とうする天皇、皇后両陛下(15日正午、東京・日本武道館)=代表撮影

式典では正午から1分間の黙とうの後、陛下は「深い悲しみを新たにいたします」と戦没者への哀悼の意を示された。コロナ禍にも触れ、「私たち皆がなお一層心を一つにし、力を合わせてこの困難を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」と述べられた。

菅首相は式辞で「我が国は、積極的平和主義の旗の下、国際社会と力を合わせながら、世界が直面する様々な課題の解決に、全力で取り組んでまいります」と誓った。遺骨収集について「国の責務として全力を尽くす」と述べた。

近隣諸国への加害責任や反省は明示せず、第2次安倍政権以降の路線を基本的に踏襲した。「平和と繁栄は、戦没者の皆様の尊い命と、苦難の歴史の上に築かれた」との表現で2020年に安倍氏が用いなかった「歴史」は復活した。

全国戦没者追悼式で追悼の辞を述べる遺族代表の柿原啓志さん(15日午後、東京・日本武道館)=代表撮影

陸軍兵だった父を中国で亡くした柿原啓志さん(85)=兵庫県丹波市=が戦没者遺族を代表し、「平和の大切さを確かに次世代へと継承するために、これからもいっそう努めてまいります」と追悼の辞を述べた。

参列者の中で最高齢は北海道の長屋昭次さん(94)で、兄が中国で戦病死した。最年少は東京都の宇田川英吾さん(16)で、曽祖父が東部ニューギニアで戦死した。近年は遺族の高齢化に伴い、参列者の構成が大きく変わっており、戦没者の妻の参列は今回初めて0人に。父母の参列は2011年から途絶えている。

式は昨年同様、マスク着用や消毒の徹底で感染防止を図った。厚生労働省は、コロナ禍で出席できない人に配慮し、式典の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で中継。飛沫防止のため、昨年と同様、国歌斉唱はせずに奏楽のみとなった。

令和初となった2019年の全国戦没者追悼式。2階席まで参列者が占めている(19年8月15日、日本武道館)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン