/

台風4号、温帯低気圧に 高知で浸水被害

(更新)

台風4号は5日午前6時前、長崎県佐世保市付近に上陸し、同9時ごろに九州で温帯低気圧に変わった。今後も広い範囲で不安定な天候が続くとみられ、気象庁は大雨にともなう土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

5日は長崎県雲仙市や福岡県大牟田市、熊本県荒尾市付近で、それぞれ1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられる。気象庁は3県に記録的短時間大雨情報を出した。

高知県にも5日未明、線状降水帯が形成されたとして「顕著な大雨情報」を発表した。四万十町などでは床下浸水が確認された。中土佐町では国道で道路沿いののり面が崩れて土砂が流れ込み通行止めとなった。人的被害はない。

低気圧周辺から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東日本の太平洋側では6日にかけて大気の状態が非常に不安定となる。同日正午までに予想される24時間雨量は多いところで、東海、四国で200ミリ、近畿、関東甲信で150ミリ、九州南部で100ミリとなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン