/

「内密」望む女性出産 翻意の可能性も、熊本・慈恵病院

(更新)

病院以外に身元を明かさず出産できる事実上の「内密出産制度」を導入した熊本市の慈恵病院は4日、制度利用を望む10代の女性が昨年12月に出産したと記者会見で発表した。病院の相談室長だけに身元を明かして既に退院。病院は現時点で内密出産に該当するとの認識を示した。国内初事例に当たるとみられるが、女性が今後翻意する可能性もあるとしている。

病院によると、女性は西日本在住。特別養子縁組で他の人に託すことを希望している。自身の健康保険証や高校時代の学生証のコピーを封筒に入れて病院に預け、子どもが将来望めば開封して構わないと話している。子ども宛ての手紙も病院に託した。

女性は昨年11月、「出産を明かせば自分の母親との関係が断たれる」ことなどを理由に慈恵病院へ相談していた。子どもへの強い愛情と再び来院する意向を示しており、周囲に身元を明かす可能性はまだあるという。

内密出産は国内では法制化されていないが、法務省は一般論として「匿名の妊婦が出産した子の戸籍登録は可能」としている。同省関係者は「父母が不明でも、日本で生まれたことが確認できれば日本国籍を取得でき、戸籍が作成される」と指摘した。

慈恵病院は親が育てられない乳幼児を匿名でも受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を2007年に設置し、20年度までに計159人が預けられた。専門家の立ち会いのない「孤立出産」が増えているとして、19年末に内密出産の受け入れを表明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン