/

この記事は会員限定です

勝敗超えた感動、五輪・パラのあり方示す 大会閉幕

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピックが幕を閉じた。新型コロナウイルス禍で期待された経済効果は限られ、商業主義を歩んだ大会のあり方に一石を投じた。一方、ほぼ無観客での開催は勝負を超えて互いを尊重するアスリートの姿を際立たせた。国威発揚を狙ったメダル至上主義とは異なる、スポーツの新たな価値を呼び起こさせた。

ライバル称賛・50代の挑戦

若い世代の関心を高めようと、東京五輪ではスケートボードやサーフィンなどが新たな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン