/

この記事は会員限定です

「やや強い雨」蓄積、熱海土石流の原因か

(更新) [有料会員限定]

静岡県熱海市では土石流発生までの3日間、「やや強い雨」が断続的に降り続いた。長引く降雨が蓄積され、地盤の緩みにつながった可能性が高いが、自治体や住民の危機意識が高まることはなかった。全国には土砂災害警戒区域が約66万カ所ある。5日にかけて日本海側中心に大雨となる可能性があり、強い警戒が求められる。

山口大の山本晴彦教授(環境防災学)は熱海に降った雨について「短時間に激しい雨が降るのではなく、ダラダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン