/

この記事は会員限定です

外国人のワクチン接種遅れ鮮明 1回目完了、5割の地域も

[有料会員限定]

国内にいる外国人への新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れている。外国籍住民が多い100自治体に日本経済新聞が聞き取り調査したところ、接種率を算出・公表しているのは26市区にとどまる上、うち24市区で外国籍の接種率が自治体全体の率を下回っていた。26市区の総数でみると、全体が74%なのに対して外国籍は62%と開きがあった。

予防接種法に基づくコロナワクチンの接種対象は国籍を問わないが、外国人は接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン