/

熊本空港にワンピース壁面 30メートル超、震災復興応援

熊本空港の国内線ターミナルに、熊本市出身の漫画家、尾田栄一郎さんが描く人気作品「ONE PIECE(ワンピース)」の壁面パネルが設置され、4日、お披露目式が開かれた。2016年4月に発生した熊本地震からの復興プロジェクトの一環で、高さ最大約6メートル、横幅計30メートル超に及ぶ。

県は被災地域などで、主人公「ルフィ」を中心とする「麦わらの一味」の銅像を、これまでに8体建立。パネルには麦わらの一味のイラストや銅像の写真が張られ、像の設置場所を示すマップも描かれている。

お披露目式では、県のPRキャラクター「くまモン」がルフィのコスプレ姿で登場し、会場を駆け回ってパネルを紹介。蒲島郁夫知事は「復興を手伝っている麦わらの一味に会って、熊本の元気を感じてほしい」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン