/

東京五輪の表彰台を発表 再生プラで持続可能性PR

(更新)
東京五輪でメダリストが登壇する表彰台。開幕まで50日となった3日、大会組織委員会が発表した=有明アリーナ=代表撮影

東京五輪開幕まで50日となった3日、大会組織委員会は五輪、パラリンピックの表彰式で使う表彰台や音楽、メダルを運ぶボランティアの衣装などを発表した。表彰台は使用済みの洗剤ボトルや、海洋プラスチックごみをリサイクルした再生プラスチックで製作され、大会のコンセプトである「持続可能性」を意識した。

表彰台は五輪、パラ共用で、大会エンブレム作者の野老朝雄さんがデザインした。日本の伝統的な藍染めを思わせる藍色を採用し、側面には大会エンブレムと同じ「組市松紋」を立体的にあしらった。表彰台正面の五輪、パラのシンボルマークの素材には東日本大震災の仮設住宅のアルミ廃材を活用した。

表彰式の音楽は選手に最大の敬意を表する考えから、楽曲自体が目立つことがないようシンプルな編曲となった。タイトルはない。現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」を手掛けた作曲家の佐藤直紀さんが担当した。

ボランティアの衣装は藍色がベースで、和装と洋装の特徴を併せたデザイン。男女共通のジャケットに、パンツスタイルとワンピースの2種類を用意した。メダルを載せるトレーは扇子をモチーフにした。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン