/

この記事は会員限定です

検察、揺れた定年延長問題 65歳引き上げは副検事中心に

[有料会員限定]

改正国家公務員法が成立した4日、関連法である検察庁法も改正され、検察官の定年が63歳から65歳に引き上げられる。内閣や法相の判断で検察幹部の定年を延長できる「特例規定」が削除されたため、検事総長を除く幹部の任用は従来通り63歳のままで決着。実際の適用は検事を補佐する副検事が中心になる見通しだ。

改正法の「束ね法案」には改正検察庁法も含まれていた。政府は2020年、「内閣や法相が必要と認めた検察幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン