/

警視庁巡査部長が持続化給付金を詐取 容疑で書類送検

警視庁は3日、新型コロナウイルス対策で国が支給する「持続化給付金」100万円をだまし取ったとして、立川署の男性巡査部長(59)を詐欺容疑で書類送検し、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。同庁によると、警察官による持続化給付金の不正受給は全国初とみられる。

巡査部長の送検容疑は、2020年11月に60代の妻が個人事業で家政婦をしているとの虚偽内容の申請を国に提出し、12月上旬に給付金100万円をだまし取った疑い。巡査部長は「深く反省している」などと容疑を認めているという。

妻は実際は家政婦ではなく、アルバイトをしていたという。100万円の一部は50代女性との交際費にあてたという。同庁は巡査部長のほか妻や50代女性らも同容疑で書類送検した。

同庁警務部の堺瑞崇参事官は「信用失墜させる行為であり誠に遺憾。厳正な規律保持について改めて徹底していく」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン