/

この記事は会員限定です

土石流の起点、2000年代以降に造成か 新旧画像を比較

(更新) [有料会員限定]

静岡県熱海市で3日に発生した土石流の起点周辺について、国土地理院が公表している航空写真データを日本経済新聞が確認したところ、2000年代以降に山林が伐採され、造成が進んでいたとみられることが分かった。

複数の専門家は地形の外観上の変化から、水の流れに沿った谷が人為的に埋め立てられた可能性があると指摘。県は4日、土石流の最上流部の現地調査を踏まえ、開発行為による盛り土が大規模に崩落したとの見方を示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン