/

この記事は会員限定です

ウクライナ侵攻、どう教える 教育現場で模索続く

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻を授業で取り上げる動きが各地の学校で広がっている。生徒同士で日本への影響を考える授業や、歴史と地理の教員が連携して背景を解説する授業などがある。進行中の争いを扱う際は犠牲者への配慮や特定国への偏見をどう防ぐかといった課題もあり、教員たちも向き合い方を模索している。

「私たちに何ができるかな」。4日、跡見学園中学校(東京・文京)の1年生の地理の授業で、牛込久依教諭がウクラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン