/

五輪パラのテスト大会再開 5月下旬まで18大会実施

東京五輪・パラリンピックの運営リハーサルを行うテスト大会が3日、約1年1カ月ぶりに再開し、車いすラグビーの運営テストが本番会場の東京・国立代々木競技場で始まった。接触の制限や消毒、換気の徹底など新型コロナウイルス対策を最重要課題とし、五輪とパラを合わせて18大会を5月下旬まで実施予定。

テスト大会は昨年3月上旬のスポーツクライミングを最後に、コロナ禍による東京大会の1年延期を受けて中断。当初は今年3月上旬にアーティスティックスイミングの五輪最終予選で再開予定だったが、厳しい感染状況と入国特例措置の停止を受けて先送りされた。

一部大会は海外選手が参加する方向で調整中だが、国際水泳連盟が予定された大会を中止する意向を示すなど不安材料も抱えている。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン