/

連休後、子どものSOSに注意 昨年は5月以降に自殺急増

新型コロナウイルス禍で子どもの自殺が深刻化している。2020年は5月以降にペースが加速し、小中学生と高校生が過去最多の計499人に上った。コロナ禍が収まらないなか、新年度で環境が変わり心身の疲労が蓄積する時期だけに、対策に取り組む関係者は「大型連休後も子どもたちのSOSに気をつけて」と呼び掛けている。

「新学期は毎年つらかった。新しい人間関係をつくらなきゃいけない『圧』を感じた」と、関東地方に住む女性(20)は振り返る。小学5年の4月、クラス替えを機にいじめが始まり、5月に登校できなくなった。6月から別の教室に登校したが「死にたい」と思い詰めた。「親や先生につらい思いと向き合ってほしかった」と思い返す。

厚生労働省によると、小中学生と高校生の20年の自殺者数は1~4月は前年とほぼ同水準で推移したが、5月から前年を上回り、8月に差が最大になった。同省自殺対策推進室は「コロナの長期休校や外出自粛で、進路や家族との不和に悩む人が増えたのでは」と分析する。

国立成育医療研究センターが20年11~12月、小学4年から高校生の計715人を調べると、24%が「死にたくなることがある」と回答。実際に自分の体を傷つけた子も16%いた。

NPO法人「全国不登校新聞社」の石井志昂編集長は「子どもの気持ちに寄り添って話に耳を傾ける必要がある。もし子どもが危険な状態にあると感じたら、学校を休ませるなど安全確保を最優先してほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン