/

「靴下、娘のものと思う」 山梨不明女児の母

山梨県道志村の山中で2019年に行方不明になった小倉美咲さん(9)の母、とも子さん(39)=千葉県成田市=が3日、先月の捜索で発見された片方の靴下について「警察に写真を見せてもらった。色や柄から美咲のものだと思う」と話した。捜索現場近くで報道陣の取材に答えた。

一方、最初に発見された人骨の一部からは個人を特定するDNA型が検出されなかったことに「率直な感想としては、ほっとしている。帰ってくることを信じる」と祈る表情を見せた。

山梨県警は今後、母親との血縁情報が分かる「ミトコンドリアDNA型」を骨から検出できるかどうかの鑑定を行う予定で、とも子さんは3日、協力するために千葉から車を運転してきた。

先に見つかった右足側の靴に続き、県警からはその後発見した左足側と靴下の片方の写真を示されたといい「靴は美咲のものと同じ種類だった。ボロボロではなく、状況が確認できた」「靴下は、私が把握していたものとは違ったが、ウサギの顔とたくさんのハート柄が付いていて、美咲の持っていたものと同じと思った」などと話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン