/

この記事は会員限定です

東京五輪、追加負担なし 人件費など1000億円以上節減

[有料会員限定]

今夏に開催された東京五輪・パラリンピックの開催経費について、追加の公費負担が生じない見通しとなったことが3日、大会関係者への取材でわかった。予算段階に比べ、大会の簡素化に伴い警備関連の人件費などが減少。予算段階から1000億円以上が節減される見込みになった。余剰となった経費は東京都と政府に返還されるという。

大会経費は当初、1兆3500億円の予算が計上されていた。新型コロナウイルスの感染拡大で大会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン