/

赤崎勇さん死去 青色LED開発でノーベル物理学賞

(更新)
赤崎勇さん

高輝度の青色発光ダイオード(LED)開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇(あかさき・いさむ)名城大終身教授が1日、肺炎のため死去した。92歳だった。

鹿児島県知覧町(現南九州市)出身。1952年に京都大を卒業後、神戸工業(現デンソーテン)に入社。名古屋大助教授や松下電器産業(現パナソニック)などを経て、81年に名大教授に就いた。92年から名城大教授。2011年に文化勲章。

一貫して青色LEDの研究に取り組んできた。世界の研究者が挑みながらも断念するなか、1980年代後半に教え子でノーベル物理学賞を共同受賞する天野浩・名大教授と、非常に明るい青色LEDを光らせることに世界で初めて成功した。

これにより光の三原色、赤・青・緑のLEDが実現し、白を含む全ての色を出せるようになった。

この成果をもとに豊田合成と共同研究を開始。ノーベル物理学賞を共同受賞する中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授が所属していた日亜化学工業としのぎを削りながら研究開発に取り組み、豊田合成は95年に事業化にこぎつけた。

LED照明はろうそく、電球、蛍光灯に続く「第4世代の光」といわれ、省エネ効果が高く、地球温暖化対策に役立つことから急速に普及した。鮮やかな画像を映す大型ディスプレーや液晶テレビのバックライト、信号機などにも使われ、日常生活になくてはならないものになっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン