/

この記事は会員限定です

SMBC日興の相場操縦疑惑 「門番」に異例の強制調査

(更新) [有料会員限定]

証券取引等監視委員会がSMBC日興証券社員による相場操縦疑惑の解明作業を急いでいる。様々な取引情報が集まる大手証券会社の社員が金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで強制調査を受けた例はないとみられ、市場関係者の間に「取引の公正さを担う役割を放棄した」との批判は根強い。監視委は〝市場の門番〟による不透明な取引の目的について重点的に調査する。

監視委は6月に日興本社(東京・千代田)を金商法違反容疑の関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン