/

この記事は会員限定です

旧統一教会調査へ、基準とりまとめ 文化庁の専門家会議

(更新) [有料会員限定]

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対する調査を巡り、文化庁は8日、宗教法人法上の「質問権」を行使する基準をまとめた。「組織性・悪質性・継続性」を重視し、被害が重大な法令違反などを対象とした。客観的な根拠も求め、信教の自由を前提に恣意的な運用を防ぐ。文化庁は質問事項を検討し、年内の調査開始を目指す。

宗教法人法は質問権を①法令に違反し著しく公共の福祉を害する②宗教団体の目的を著しく逸脱――などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン