/

ベラルーシ選手、亡命希望 ポーランドが受け入れへ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
羽田空港で警察官と話す陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(1日)=ロイター共同

東京五輪のベラルーシ代表、クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が1日夜、コーチ批判を理由に強制的に帰国させられそうになり、搭乗を拒否して羽田空港で警察や大会組織委員会に保護された。帰国すれば投獄の恐れがあるとして亡命を希望。2日に東京の在日ポーランド大使館に入り、同国外務省高官は人道的査証(ビザ)を発給したと明らかにした。

ロイター通信によると、近日中にポーランドに向かう見通し。同国のミレフスキ駐日大使は「彼女は疲れており、恐れているが、われわれの支援にとても感謝している」とツイートした。

国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は2日「彼女の決断を支援する」と強調。ベラルーシ・オリンピック委員会には書面で経緯を報告するよう求めた。組織委の高谷正哲スポークスパーソンは「本人が羽田空港で保護を求めたので、空港にいた組織委の職員がサポートした」と説明した。

加藤勝信官房長官は記者会見で「関係機関と連携し、適切な対応を図る」と述べた。

陸上女子200メートルに出場予定だった同選手はSNS(交流サイト)で、経験がないのに女子1600メートルリレーへの出場を一方的に決められたとコーチを批判。その後公開した動画で、意に反して帰国させられそうだとIOCに介入を求めた。

ベラルーシ国営ベルタ通信は、同選手の精神状態に関する医師の判断に基づき、コーチが大会参加を取りやめる決定をしたと伝えた。

ベラルーシでは強権支配を続けるルカシェンコ大統領が民主化運動を弾圧し、欧米から非難を受けている。同国オリンピック委員会の会長は大統領の長男、ビクトル氏が務める。IOCは昨年12月、選手への政治的干渉を巡り同委員会をIOCの活動から除外する処分を決めていた。(共同)

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン