/

病床使用率とは コロナ6指標の一つ、医療逼迫示す

きょうのことば

▼病床使用率 各都道府県が新型コロナウイルス患者向けに準備した病床に占める入院患者の割合。政府の新型コロナ感染症対策分科会は各地の感染状況の深刻さを4段階のステージで示しており、どのステージにあるかを判断する6指標の一つとして病床使用率を用いている。

医療提供体制の逼迫度合いを検証するには、全入院患者と重症患者それぞれの病床使用率が判断材料となる。感染者が急増していることを示す「ステージ3」は病床使用率20%以上、爆発的な感染拡大が起きていることを示す「ステージ4」は同50%以上としている。緊急事態宣言は最も深刻なステージ4相当で検討する。

厚生労働省によると、緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」の対象となった3府県の全入院患者の病床使用率(3月30日時点)は大阪府38.2%、兵庫県60.1%、宮城県35.8%でいずれも上昇傾向が続く。新規患者の増加に伴い、今後病床が逼迫する恐れもある。東京都でも重症者の病床使用率が上昇しており予断を許さない状況が続く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン