/

この記事は会員限定です

父の言葉で歩んだ厳しい道 バド奥原選手、志半ばで敗退

[有料会員限定]

東京五輪のバドミントン女子シングルスで30日、奥原希望選手(26)が4強入りを逃し、前回大会の銅に続く2大会連続のメダル獲得はならなかった。この5年間を「いいことも悪いこともいろんなことがあった」と振り返り、支えてくれた人への感謝を口にした。

初めてラケットを握ったのは小学校1年のときだ。父の圭永さんがバドミントンを指導していた旧大町北高校(長野県大町市)の体育館で、兄や姉とシャトルを打ち合い遊ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン