/

この記事は会員限定です

スマートバリューなど2社立ち入り 参入妨害疑いで公取委

(更新) [有料会員限定]

地方自治体が発注するウェブサイト管理システムを巡り、競合他社の参入を妨げた疑いが強まったとして、公正取引委員会は2日、情報システム開発のスマートバリューなど2社の関係先を独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで立ち入り検査した。関係者への取材で分かった。

スマートバリューは自治体向けにウェブサイトの編集や更新に使う、コンテンツ管理システム(CMS)を販売している。CMSは誰でも利用可能なオープ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン