/

学校教育、変化を嫌う体質から脱却できるか

教育岩盤 まとめ読み

日本の学校教育改革が停滞しています。変化を忌避する教育現場の実態を追った連載「教育岩盤」をまとめました。

多様性求め異議相次ぐ 秋入学や飛び入学、個別学習で

硬直した教育の仕組みへの異議申し立てが各地で相次いでいます。背景にあるのは急速に進む社会のデジタル化と新型コロナウイルス禍です。秋入学の小中高一貫校設立をめざす小原芳明理事長は「危機は変革の好機。何もしないと社会に取り残される」と指摘します。多様性を高めようとする動きを探りました。

学校教育はデジタル社会に追いつけるか

教育界に漂う新しい試みへの拒否感と平等主義。IT(情報技術)で社会が激変しても「黒板とチョーク」「紙とペン」を信奉する学校文化はなかなかアップデートされません。大学にも規制の壁があり、慶応大の中室牧子教授らはデジタルを教育に活用する世界の潮流から取り残されるおそれがあると危機感を抱いています。

枠にはめる指導、自由な発想を阻害

子どもを枠にはめて主張や疑問を抑え込んできた日本の学校教育。同志社大の太田肇教授は「日本の学校は行動も服装も何でも同じにさせたがる。集団のルールに合わせるよう求める同調圧力の強さが影響している」とみます。広い世界に飛び立とうとする若者らをどう支えるか。大人たちの対応が問われています。

新陳代謝阻む仲間内の壁、新参者に高いハードル

日本の教育界は仲間内で固まり、新参者や異分野からの参入にはハードルが高いのが実情です。永守重信・日本電産会長という大物経済人も例外でなく、京都先端科学大工学部を開設するための国の審議会には悩まされました。

薄れた人づくりの共通目標 骨太なビジョンを描こう

変化を嫌い、旧来の教育を守っている間に時代は大きく変わり、どんな人材を育てるかというビジョンが改めて問われています。経済同友会の遠藤信博・教育改革委員長(NEC会長)は「現在の教育は均質性重視の大量生産型。社会で価値創造を担える人材の育成という視点から全体を考え直したい」と訴えます。

教育岩盤

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

教育岩盤

「岩盤」のように変化を忌避する日本の学校教育。新しい試みに背を向けたままでは、国際化やデジタル技術の進展、新型コロナウイルス禍という時代の転換期をけん引する人材は育たない。「教育岩盤」の実態と打破をめざす動きを追った。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン