/

この記事は会員限定です

人の営みと生きもの 共に歩むための工夫を

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

里山は人が生活する中で落ち葉を堆肥に、まきを燃料にといった具合に様々な資源を得る大切な場所であった。下草を刈る、水路を維持するための土手の補修をするなど、多くの時間と労力をかけるとともに、多様な生きものを育んできた。

若手が都市へ流れ、地域に残った人も高齢化が進んだ。草刈りや水路の維持作業が年々きつくなってくると除草剤をまく、防草シートで土を覆う、土水路をコンクリート化するといった手法でなんとか乗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン