/

イグアノドン類の化石発見 1億3千万年前、国内最古級

徳島県立博物館や福井県立恐竜博物館のチームは3日までに、徳島県勝浦町の1億3千万年前の地層から草食恐竜イグアノドン類の骨の化石を見つけたと発表した。国内最古級という。

イグアノドン類の化石はアジアや欧州で見つかっているが、恐竜博物館の柴田正輝主任研究員は「徳島での発見は、イグアノドン類が白亜紀前期に東アジアの端まで分布していた証拠だ」としている。

2021年の調査で、長さや幅が数センチのしっぽの骨を発見した。形や大きさから個体の全長は6~7メートルと推定。歯の化石も見つかった。

化石は12日から徳島県立博物館で展示する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン