/

NHK紅白歌合戦視聴率、過去最低の34.3%

(更新)

2021年の大みそかに放送された第72回NHK紅白歌合戦で、トリを含む第2部(午後9時から2時間45分)の関東地区平均視聴率(総合テレビ)は、前年比6.0ポイント減の34.3%で、2部制となった1989年以降で過去最低だった。ビデオリサーチが2日発表した。

2部制になってから最低だった2019年の37.3%を更新。同社が記録している1962年以降でも最低となった。

今回のテーマは「カラフル」。司会を含めて紅組、白組の対抗色を薄め、多様性を強調した。

関西地区の第2部平均視聴率は35.0%(前年比4.3ポイント減)。

午後7時半からの第1部は関東が31.5%(同2.7ポイント減)、関西が31.1%(同1.7ポイント減)。

民放の番組では関東地区で、テレビ朝日系の「ザワつく!大晦日」の前半(午後6時から2時間)が12.1%、日本テレビ系の「笑って年越したい!笑う大晦日」の前半(午後6時半から2時間半)が7.2%だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン