/

歯が付いたワニの上顎化石 福井・勝山、白亜紀地層で

福井県勝山市北谷町にある約1億2千万年前(白亜紀前期)の「手取層群北谷層」から、歯が付いた状態のワニ形類の上顎化石が見つかったと、県立恐竜博物館(勝山市)などが2日、オンライン開催の日本古生物学会で発表した。

ワニ形類は、現在のワニと、より原始的な種を含むグループ。同じ場所から歯が付いたワニ形類の上顎化石が見つかるのは1982年以来、2度目という。

化石は、2021年7月に博物館の研究チームが発見した。7本の歯が付いた上顎の一部で、長さ約7センチ、幅約3センチ、高さ約4センチ。上顎のくぼみなどの特徴から「ゴニオフォリス科」のものとみられる。

博物館の関谷透主任研究員は「ワニ形類の進化を考える上で重要な発見だ」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン