/

この記事は会員限定です

ジェンダー・ギャップ考えて 大学生が映画祭、4日から

[有料会員限定]

「ジェンダー・ギャップ」をテーマにした映画祭が4日から東京都内で開催される。企画したのは日本大学芸術学部(東京)の学生ら。2021年は東京五輪・パラリンピックでLGBTQ(性的少数者)と公表した選手が過去最多となるなど、性の多様性に注目が集まった一年であり、「映画を通じて観客と一緒に考えを深めたい」と国内外の15作品を選んだ。

映画祭は11年度から始まり、今年で11回目。今回は10日までの1週間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン